ホットヨガ中の注意点とは?あらかじめ覚えておきたい落とし穴

ホットヨガは温度の高い部屋で行うので、よく注意しなければ体調不良に陥ることもあります。
体験レッスンなどでは最初に注意事項を教えてもらえますが、自分でもある程度の注意点を頭に入れておきましょう。
ここではホットヨガ中の気を付けるべき注意点についてまとめてみました。

 

ホットヨガ中の注意点

 

ホットヨガのような温度が高い環境で汗をかくと、脱水症状などになってしまうこともあるので自分の体調をこまめにチェックしながら行いましょう。
レッスン中もこまめに先生がお水を飲みましょうと声がけをしてくれますが、それ以外のタイミングで喉が渇いたら我慢せずに飲むようにしなくてはいけません。
また呼吸が苦しくなったり、途中でめまいが起きたり体がフラフラするような感じになったら、続けずにしっかり休憩しましょう。
ヨガでは心も体もリラックスして楽しむことが大事なので、無理して我慢して行うことは絶対に避けましょう。
そして途中で頭痛がしたり息が苦しくなった場合、酸欠状態や軽度の熱中症の可能性があるので注意しながら行う必要があります。

 

ホットヨガはどれくらいの時間行うもの?

 

ホットヨガは長時間行うものではなく、基本的には1日2時間以内に留めておきましょう。
連続して行う場合は1時間行ったらある程度時間を空けて、もう1時間行うという方法で進めていきます。
連続で行うと体にも負担がかかってしまい体調不良になりやすいので、ホットヨガのやりすぎは逆効果にもなります。